<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

母娘3代、愛用中

f0334311_04471612.jpg
フランスは幼稚園や小学校から4:30まであるので、夕方の時間は日本よりかなり慌ただしいです。うちの場合、5時に帰宅して、ムスメはピアノ、お風呂、学校の宿題、日本語の勉強、夕食、8時就寝、と5分刻みのスケジュールになります。おまけに、この頃はムスメの宿題は難しいし、宿題を見ているとムスコのかまって攻撃にあうので、とにかくバタバタで夕食を夕方に作るのは絶対ムリ!

そんな時に思い出したのが、婦人の友という雑誌に書いてあることでした。先手仕事、朝や日中に夕食の下ごしらえをしておくと、後が楽になる、と。

この雑誌、結婚した時から、母が定期購読を送ってくれているのです。実は母も祖母からしてもらったそうで、祖母から母娘3代読んでいることになります。
羽仁もと子が創設した雑誌で、お料理、掃除、片付け、育児、生き方などなど、ファッション以外の読み物が充実しています。暮しの手帖と少し似ているかな?キリスト教ベースなので、少し牧師さんのエッセイなどもありますが、布教しようとかいう感じはないです。
婦人の友社は、雑誌以外にも、幼児生活団や自由学園(学校法人)などの活動も行っています。子どもの頃は、幼児生活団の通信部で、冷水まさつをさせられるのが嫌で仕方がなかったけど、今読むと納得のいくことが多いです。ムスメのときから育児日記は婦人の友社のものを使っています。

「婦人の友」の宗教色を抜いて、今どきのお母さん向けにしたのが「かぞくのじかん」。子どものいる家族のご飯や片付けなどの記事が中心で、楽しい🎵

そして、今年から使い出した家計簿。今まではどんぶり勘定だったけど、今年からムスコも飛行機代がかかるし、少しきちんとしたいな、と。祖母、母は使っていなかったので、3代目にして初めての家計簿です。ただ節約するのではなく、前年末に次年度やりたいこと、必要なことの予算を立てて、年間予算で生活するので、予算にあるものは買っていい、というのが画期的。不思議と、がまんしてる感じがしないのです。逆に、安いから、ちょっとだけ、と買うことが少なくなりました。
目下の問題は、オットが我慢できないチーズ代…

去年の夏、帰省中に見たワイドショーで、婦人の友の愛読者(というか実践者)の会の友の会がスーパーお掃除主婦みたいに取り上げられていて、びっくりしたのですが、お掃除と片付けは祖母から3代大の苦手。
9月に大掃除すべく、今から勉強、です。


[PR]

by Lapinnoirdunord | 2015-02-20 21:25 | Comments(2)  

備えあれば?

f0334311_04463361.jpg

肌の弱いうちの子たち。普通のPPSやHGSを使うと、お尻が真っ赤になって、水泡ができてしまいます。フランスのがだめなのかとおもって、ムスメの時は日本のも試してみたけれど、やっぱりだめ。日本なら布おむつなのでしょうが、乾かなくてストレスがたまることが目に見えているので、結局、Bio(オーガニック)の紙オムツに落ち着きました。

ムスメよりさらに肌の弱いムスコは、産院でもらったPPSもだめで、退院後すぐにBioに切り替え。
近所のBioスーパーでも何種類かBioの紙オムツを売っているけど、割高なので、ネットで買っています。いつでも同じネットショップにストックがあるとは限らないので、もっぱらNatilooかNature et Babycare、あともう一つぐらいを巡回して、一番お買い得なのを4ヶ月分ほどまとめ買い(送料対策^ ^)。

先日、最後の1パックを開けたので、次を注文しようとして、はたと気づいた。
今から4ヶ月だと6月。日本の帰省やバカンスのことを考えると、6ヶ月分は買っといたほうがいいかも?9月からは幼稚園やから、オシメ卒業?でも、予備に1パックはあったほうがいいよね、などなど、散々悩み、結局12パックのまとめ買いに決定。

で、届いたのが、写真。息子が3人は入れそうな、大きなダンボールが2つ届きました。送料を節約したのはいいけど、これをどこにストックするかがまた難問(写真は2箱分を1つに入れて収納できないか模索中の図)。

地下は湿気を吸ったら困るし、万が一浸水したら最悪なので、結局、ムスコの寝室(私も合宿中)と私の本部屋(というか物置と化してますが、9月になったら片付ける予定〜)に分けて、なんとか収納。

段ボールが消える日には、無事にオムツ卒業できるといいのですが。

[PR]

by Lapinnoirdunord | 2015-02-20 20:53 | 子ども | Comments(0)  

すてきなお客さま

週末から風邪気味だったムスコ、金、土とめずらしく夜泣きが続き、日曜の夕方から「めめ(耳のこと)、タイタイ」と言い出したので、月曜の朝一でホームドクターへ。案の定、中耳炎。薬局でくすりをもらって帰る途中で、夜泣きの寝不足もあってベビーカーのなかで寝てしまったムスコ、目が覚めたら、今度は左目からかなりの量の目やにが… 家に結膜炎用の目薬があって助かった!

と、踏んだり蹴ったりな朝でしたが、お昼にお友達が遊びにきてくれました。

お土産にいただいたのが、写真のこれ。神戸風月堂でお正月に発売される干支のミニゴーフル。こんなかわいいのがあるなんて、しらなかった!日本にいたら、十二支全部集めてるだろうな、私…

f0334311_21264816.jpg

さらにLupiciaの紅茶も2種類いただきました。今朝、Kiwiを飲んでみたのですが、さわやかな香りですごくおいしい!フランスもフレーバーティーはいろいろあるけど、ガツンと強いものが多くて、Lupiciaみたいな繊細な味わいはなかなかないと思います。

サーモンパイとりんごのクランブルというオーブン任せのメニュー(サラダを作りたかったのだけど、ムスコがぐずぐずでできず…)だったのですが、ムスメのお迎えの時間まで、いろんなお話ができて、楽しかったです。
私もムスコの夜泣きでストレスがたまっていたので、素敵な時間でリフレッシュできました。
ありがとう。

下の写真はムスメの学校給食。素敵なおみやげと並べるのはなんなのですが、干支つながりで。
旧正月メニューはいいけど、虎ってどうなん?漢字入れるなら、ちゃんと調べていれんとあかんやろぉ~

f0334311_21425816.jpg

[PR]

by Lapinnoirdunord | 2015-02-03 21:47 | Comments(4)  

ミリー・モリー・マンデー

f0334311_20253071.jpg
気がつけば、あっという間に2月。日もずいぶん延びて、晴れた日は日差しがあったかくなってきました。
とはいえ、晴れた日は朝、路上がカチカチに凍ってます。

8歳半になるムスメ、未だに自分で読むよりよみきかせてもらう方が好きです。
1月はクリスマスにもらった「ミリー・モリー・マンデーとともだち」(写真の一番下)を時間のあるときに読みました。

原作は英語の"Milly-Molly-Mandy Stories", "More of Milly-Molly-Mandy", "Further Doingsof Milly-Molly-Mandy", "Milly-Molly-Mandy Again" の4冊で、上條由美子さんが選んだ話が2冊の翻訳で出ています。

訳本の絵もかわいいけれど、原作のイラストのほうが味があって私は好み。他の話も読みたい、あわよくば訳してムスメに聞かせてあげるかもと思って買ったものの、ムスコと一緒に9時就寝の毎日で、未だ読めていませんが。

福音館書店の創設者、松居直氏も児童文学者の松岡享子氏も、大学生になっても、子どもが聞きたがる限り読み聞かせてあげてほしい、とおっしゃってるので、時間の許す限りは続けたいと思うけれど、自分で読む楽しみも知ってほしいな、というのは、母の欲張りなのでしょうか??

[PR]

by Lapinnoirdunord | 2015-02-03 21:11 | 子ども | Comments(0)