<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

クリスマスの準備

f0334311_21590689.jpg
クリスマスらしいことはシュトーレン作成しかしていなかったのですが、先週末からぼちぼち我が家も支度をはじめました。

先週末にオットが買ってきた生木のツリー。以前はウサギに下から齧られるので、上の方にしか飾りがつけられなかったり、毎日ツリー下の木くずの掃除をしないといけなかったりだったのですが、それがなくなって寂しいかぎり。
今年はPの代わりにムスコが毎日、飾りの位置をいじってます。Pの好きだった(食べるのが、ですが)麦わら細工のオーナメント、ムスコの手にちょうどいいサイズのようで、とってはひっかけ、と暇をみては移動。

オットの実家が車で30分と近い我が家は、のんびり地元のクリスマスとお正月の予定。今朝、パン屋さんからクリスマスケーキのリストをもらって、ムスメに選ばせたら、見事に父ちゃんが一番食べたくないヤツ。どうする??

義妹の都合で、家族のクリスマスは25日ではないので、クリスマス当日のご飯も考えねば。ムスメのリクエストはカモのオレンジ煮と栗のソテー。オットはジャガイモのファルシーが食べたいというし、ムスコ用のケーキも作らないといけないし、頑張らねば。

年賀状もプリントしたから、宛名書きせんといかん。ムスメの友達が泊まりに来る、とやっぱりバタバタの冬休みになりそうデス。

話は変わりますが、先週、ムスコと誕生日が一週間違いの友達がトトロにはまってると聞いて、試しに見せたら、同じくハマり、歌まで歌うのでビックリです。お姉ちゃんは父ちゃんに似て音痴だけど、ムスコの方は大丈夫そう?と期待。



[PR]

by Lapinnoirdunord | 2014-12-20 22:10 | Comments(2)  

シュトーレン

f0334311_05590743.jpg
フランスのクリスマスケーキといえば、ビュッシュ・ド・ノエルだけど、ここ5年ほどパネトーネやシュトーレンといった、お隣の国のクリスマスケーキもよく見かけます。お店にクリスマス用品が並び始めた頃、「ドイツ行くけど、欲しいものある?」と声をかけてくれたので、お言葉に甘えて、老舗Hのシュトーレンをお願いしました。留学していた隣町のものなのだけど、学生時代には高くて手が出なかったので、食べたことがなかったのデス。いわゆるシュトーレンの形とはちょっと違って、パウンド型で焼いてあるこのシュトーレン、さすがの老舗の味、ちっともパサつかず美味しいです。ってことはどれだけバターを使ってるんだ?ということでもありますが(苦笑)

シュトーレンといっても実は二種類(本当はもっとあるかも知れないけれど)あって、お店で売っているのはButterstollen(ブッターシュトーレン)というイーストを使うパン生地のもの。もう一つ、オーストリア人の友達に教えてもらったのがQuarkstollen(クヴァルクシュトーレン)というベーキングパウダーでつくるもの。QwarkはフランスのFromageblanc、日本のカテージチーズにあたります。甘いものに目のないオット、一気に半分ぐらいぺろりなので、老舗のシュトーレンではなく、自家製を食べてもらうことにしました。バターを泡立てないパウンドケーキみたいな手順なので簡単にできます。
f0334311_05583676.jpg
我が家は乳製品がダメな人がいるので、バターはマーガリン、Quarkは豆乳ヨーグルトを水切りして代用。それなりに美味しくできました。
写真のシュトーレン、ちょうどiPadミニのサイズなのだけど、それを半分ほど一気に食べてしまうオット、なんだか作らないほうがいいような気がしてきた…
[PR]

by Lapinnoirdunord | 2014-12-13 06:17 | Comments(2)  

リールのクリスマス

ちょっと前になりますが、ブログで知り合ったリール在住のお友達2人とランチしました。
ムスコが寝てくれればゆっくり食べられるはずだったのだけど、注文したところで起きてしまったので、ばたばたになって申し訳なかったのですが。

お昼を食べてから、街中をぶらぶら散歩して、グランプラスに。この時期、観覧車やクリスマス市が毎年出ます。
リールに来て13年目ですが、観覧車もその横のツリーも、クリスマス市も、まったく変わってない!

まぁ、変わっていからと不満もないのだけど、日本なら毎年少しでも変えて趣向を凝らすよなぁ、と。
ある意味、とてもフランスらしいのかもしれません。
ちなみにこの観覧車、上半分は吹きっさらし。おまけにかなりのスピードで回ります。日本みたいにゆっくり一周、じゃなくて、6、7周ぶんぶん回る感じ。子連れではあまり乗りたくない代物デス…
f0334311_21314302.jpg

[PR]

by Lapinnoirdunord | 2014-12-08 06:15 | Comments(6)  

チクチク

寒くなると、なんとなく毛糸や布が触りたくなるのですが、ムスコが生まれてからはなかなか時間がとれずにいました。

素敵なクリスマスのタピストリーのキットを売っている手芸屋さんがあって、今年のクリスマスは無理だろうけど、買うだけ買ってみようと思って、久々に足を向けたところ、近々閉店のポスターが!

オーナーのおばちゃんが自分で考えたフェルトのタペストリーやクッションもかわいいし、甥と姪のtours de lit(ベビーベッドのまわりにつける、タピストリー兼クッション)を作るときに相談に乗ってくれたり、手芸まわりのおしゃべりも楽しかったのになぁ。


で、最後にとどどんとまとめ買いして帰って来ました。クリスマスのタピストリーはもちろん、いつかムスコに作ってあげたいお城や騎士のアップリケのついたカバンのキットなど。

ほかにも欲しい布や刺繍キットがたくさんあったけど、いつできるか分からないから、悩みに悩んで厳選しました。選んでる最中も、おそらく債権者からの電話がかかってきて、やるせなかったです。

リール市内、家賃が高いから、ちょっとうまくいかないとすぐにお店がつぶれます。好きなお店にかぎってなくなってしまうのがカナシイ…

とりあえず閉店(サイトも今は閉まってます)だけど、春にベルギーである手芸サロンにはブースを出すし、本も出す予定、と言っていたので、がんばってほしいです。

f0334311_21284788.jpg

[PR]

by Lapinnoirdunord | 2014-12-04 21:29 | Comments(2)