カテゴリ:子ども( 13 )

 

新学期

フランスも9月から新学年、新学期。ムスコもなんとか幼稚園に通いはじめました。

年少の間は午前中だけ行かせて、お昼は家で食べさせて、昼寝も家で、と思っていたのですが、夏休みの終盤にご縁があり、9月から高校で週3時間だけ日本語を教えることになりました。ちょうど授業が昼食の時間なので、幼稚園で給食を食べてもらわないと回らないスケジュールになってしまったのですが、乳製品てんこ盛りの給食を食べたら、全身アトピー間違いなし、のムスコ。
慌ててかかりつけのお医者さんに遅発性アレルギーの証明を書いてもらって、市役所で弁当持参の手続きをして、週3回お弁当持参で通っています。
お弁当といっても日本のお弁当なんて思ったら大間違い。給食と同じように、前菜・メイン・チーズ・デザートを用意するように言われました。容器も市の指定で、使い捨て容器100個入りの巨大な袋が台所にどーんと置いてあります(大きすぎてどこにも入らない!!) 毎日プラスチック容器とアルミ容器を使い捨てにするので、非エコなことこの上なし。ゴミを減らしましょう、ってキャンペーン打ってるのに矛盾してる…

ムスコは食いしん坊で、みんなと同じものが食べたいほうなので、できるだけ似たものを用意するようにしています。

f0334311_05395780.jpg
この日は、
にんじんのサラダ
フィッシュフィンガー(鮭フライで代用)
じゃがいも(バターじゃなくてマーガリン使用)
ブロッコリー
チーズ(羊乳)
バニラプディング(オーガニックスーパーで豆乳のを調達)

牛乳なしでも、マーガリンや植物性生クリームなど、代用品を探すのは難しくありません。
ちなみに今日のデザートはチョコレートケーキ(ショートニングで焼いた)。ムスコは「幼稚園でチョコレートケーキ食べた」とニコニコで帰ってきました。私が作ったって分かってない??? ま、喜んでるので、良し、かな。

[PR]

by Lapinnoirdunord | 2015-09-19 06:15 | 子ども | Comments(2)  

備えあれば?

f0334311_04463361.jpg

肌の弱いうちの子たち。普通のPPSやHGSを使うと、お尻が真っ赤になって、水泡ができてしまいます。フランスのがだめなのかとおもって、ムスメの時は日本のも試してみたけれど、やっぱりだめ。日本なら布おむつなのでしょうが、乾かなくてストレスがたまることが目に見えているので、結局、Bio(オーガニック)の紙オムツに落ち着きました。

ムスメよりさらに肌の弱いムスコは、産院でもらったPPSもだめで、退院後すぐにBioに切り替え。
近所のBioスーパーでも何種類かBioの紙オムツを売っているけど、割高なので、ネットで買っています。いつでも同じネットショップにストックがあるとは限らないので、もっぱらNatilooかNature et Babycare、あともう一つぐらいを巡回して、一番お買い得なのを4ヶ月分ほどまとめ買い(送料対策^ ^)。

先日、最後の1パックを開けたので、次を注文しようとして、はたと気づいた。
今から4ヶ月だと6月。日本の帰省やバカンスのことを考えると、6ヶ月分は買っといたほうがいいかも?9月からは幼稚園やから、オシメ卒業?でも、予備に1パックはあったほうがいいよね、などなど、散々悩み、結局12パックのまとめ買いに決定。

で、届いたのが、写真。息子が3人は入れそうな、大きなダンボールが2つ届きました。送料を節約したのはいいけど、これをどこにストックするかがまた難問(写真は2箱分を1つに入れて収納できないか模索中の図)。

地下は湿気を吸ったら困るし、万が一浸水したら最悪なので、結局、ムスコの寝室(私も合宿中)と私の本部屋(というか物置と化してますが、9月になったら片付ける予定〜)に分けて、なんとか収納。

段ボールが消える日には、無事にオムツ卒業できるといいのですが。

[PR]

by Lapinnoirdunord | 2015-02-20 20:53 | 子ども | Comments(0)  

ミリー・モリー・マンデー

f0334311_20253071.jpg
気がつけば、あっという間に2月。日もずいぶん延びて、晴れた日は日差しがあったかくなってきました。
とはいえ、晴れた日は朝、路上がカチカチに凍ってます。

8歳半になるムスメ、未だに自分で読むよりよみきかせてもらう方が好きです。
1月はクリスマスにもらった「ミリー・モリー・マンデーとともだち」(写真の一番下)を時間のあるときに読みました。

原作は英語の"Milly-Molly-Mandy Stories", "More of Milly-Molly-Mandy", "Further Doingsof Milly-Molly-Mandy", "Milly-Molly-Mandy Again" の4冊で、上條由美子さんが選んだ話が2冊の翻訳で出ています。

訳本の絵もかわいいけれど、原作のイラストのほうが味があって私は好み。他の話も読みたい、あわよくば訳してムスメに聞かせてあげるかもと思って買ったものの、ムスコと一緒に9時就寝の毎日で、未だ読めていませんが。

福音館書店の創設者、松居直氏も児童文学者の松岡享子氏も、大学生になっても、子どもが聞きたがる限り読み聞かせてあげてほしい、とおっしゃってるので、時間の許す限りは続けたいと思うけれど、自分で読む楽しみも知ってほしいな、というのは、母の欲張りなのでしょうか??

[PR]

by Lapinnoirdunord | 2015-02-03 21:11 | 子ども | Comments(0)  

未来のスター

上のムスメは、CP(こちらの小学1年生)から、市立の音楽学校でクラシックバレエをやっています。といっても最初はリトミックに近くて、去年の後半ぐらいからやっと少しバレエらしくなってきました。今年に入ってからは、開脚のために毎日ストレッチをするように言われたそうで、毎日暇さえあればせっせとストレッチをして、少しずつ脚が開くようになってくるのが嬉しいみたい。

バレエといえば女の子がほとんどなのだけど、一つ上のクラスにすごく上手な男の子、Hくんがいて、発表会でもソロを踊ったりしていたのですが、この度、パリオペラ座の試験に合格という快挙をなしとげたそう!
年明けから寮に入って、週末にしかお父さんとお母さんに会えないんだって、とムスメが興奮して話してくれました。

バレエ学校に入れたからといって、必ずしもプロのダンサーになれるわけではないのだろうけど、ぜひ夢を叶えてほしいなぁ。

写真はレペットのショーウィンドー。私の足では履くと靴がかわいそうなので、レペットの靴は買えないのですが、レペット作成のオペラ座のコスチュームをディスプレイしているので、ムスメと街に出るときには、お店の前をとおるのが楽しみです。
この衣装は白鳥かな?
f0334311_05352198.jpg
f0334311_05360890.jpg
f0334311_05355587.jpg

[PR]

by Lapinnoirdunord | 2014-11-18 06:03 | 子ども | Comments(2)  

台風一過

この週末、オットの家族をよんで、ムスコの誕生会をしました。
土曜日にパリから義妹と子どもたちが到着。お昼もそこそこに、賑やかに遊び始めたお姉ちゃん達を見て、ムスコが昼寝をしてくれるはずもなく… 3時に義兄と姪、義母と相方さんが到着した時には、疲れと眠気のピークで超不機嫌。母ちゃんべったりで全く離れてくれず、
大きな姪@16歳(ムスコの頭に隠れて、写真には写ってませんが)に抱っこしてもらって、なんとかロウソクを吹き消す写真を撮り(10回ぐらいやり直した)、速攻昼寝に。

f0334311_22011361.jpg
前日作っておいたリンゴのタルト、チョコレートケーキ、栗のプリンとチョコレートムース(これは買った)で、大人6人、子ども3人のお腹はいっぱい。がやがやと散々しゃべって、そのままアペロに突入〜

甥が体調を崩して兄嫁と留守番だったので、義兄たちはご飯前に帰るとのことだったのだけど、おしゃべりな兄ちゃん、しゃべりが止まらず、8時になっても喋る喋る… さすがに子どもたちだけでもご飯にしないと、とクスクスを出して、8時半に兄ちゃん帰宅(居てくれるのは構わないけど、ご飯食べないっていうから、他の人たちが食べられず…)、大人がご飯にありついたのは9時過ぎ。ご飯を食べ終わって、義母たちが帰途についたのが11時半頃でした。

義妹は実家に泊まるはずが、甥が眠くなってしまい、急遽うちに泊まることに。がっかりしていた義母には申し訳なかったのだけど。
日曜の朝、遅い朝食に早めのお昼を食べて、妹一家は帰って行きました。
しかし、甥がものすごくやんちゃで、元気な子には慣れている私もビックリ!まぁ、今始まったことじゃないのですが、前回会った5月よりさらにパワーアップしていたというか。おままごとの野菜とか、積み木とか、かなりのおもちゃに彼の歯型が残っています…
飛行機のプロペラは噛み切られた(((o(*゚▽゚*)o)))
さすがに疲れて、日曜は私もオットも9時就寝でした。

でも、従兄弟たちに会えて嬉しそうな子どもの顔を見ると、懲りずにまた来年もやるのかな?甥も少しは落ち着くことを期待して…

f0334311_22003439.jpg
従姉の延ばしたレールに沿って、線路はつづくよどこまでも~

[PR]

by Lapinnoirdunord | 2014-11-17 22:01 | 子ども | Comments(2)  

ムスコ2歳

バカンスが終わって、なんだかばたばたしているうちに、ムスコ、2歳になりました。
当日は水曜日で、プレイクラブ、お姉ちゃんのバレエでゆっくりお祝いしている時間がなくって、魚のグラタンも、りんごのタルト(ムスコ仕様で乳製品抜き)もキョヒ。お菓子より枝豆とおにぎりが好きという健康的な嗜好に育ってます。

お姉ちゃんのほうが、同じ月齢では語彙が倍ぐらいあったし、やっぱり男の子は言葉がゆっくりなのかな、と思ってたのですが、ここ2週間、毎日新しい言葉が出てくるように。今日は「お姉ちゃん、迎えにいこうね」と言ったら、「くっくとコート?」と返ってきて、母ちゃん感涙!

といっても、普段は、

バス(私が「あ、バス」と言うので、アプチと〈あ〉がくっついてる)、
ひこうき(イコーなので、行こうと区別がつかない)、
ピパピパ(消防車、救急車、パトカー)、
モンモ(仏語で気球はMongolfier)、
しゃ(電車、汽車)、
オッチュー(Voiture:自動車、プープーとも言う)、

と乗り物オンパレード。動物はわんわんとニャーニャのみ。誕生日の1日前にあった2歳検診のテストでも、バナナや動物には反応しないで、乗り物ばっかり答えてたオタクっぷりです。

そんな彼のお気に入りの絵本は、もちろん乗り物の本。

『かじだ、しゅつどう』(山本忠敬、福音館)

かじだ、しゅつどう (幼児絵本シリーズ)

山本 忠敬/福音館書店

undefined


『でんしゃでいこう、でんしゃでかえろう』(間瀬なおたか、ひさかたチャイルド)

でんしゃでいこうでんしゃでかえろう

間瀬 なおかた/ひさかたチャイルド

undefined


『のろまなローラー』(小出正吾、福音館)

のろまなローラー(こどものとも絵本)

小出 正吾/福音館書店

undefined


『やこうれっしゃ』(西村繁男、福音館)

やこうれっしゃ (こどものとも傑作集)

西村 繁男/福音館書店

undefined


あと仏語の乗り物図鑑。他の本、全然読ませてもらえません(涙)。おもちゃもレゴやBrioで車や電車ばっか、作ってるのか破壊しているのか、よく分からないながらも、楽しげに遊んでます。

TVは、ムスメの宿題をみるために、ほぼ毎日夕方頼らざるを得ない状態。TrotroとTchoupiがお気に入り。

Trotro : Trotro est trop gourmand

null

undefined

T'choupi et ses amis (interactif) - La cabane des copains [DVD + visionneuse photo]

null

undefined

このTchoupiって、手がミトンみたいなんだけど、ペンギンなのか人なのか、よく分からないキャラです。
苦手なのはオオカミ。怖くて、三匹の子ぶたやその他オオカミの出てくる話を見せると号泣しながら、ないない、とテレビのリモコンを持ってきます。

だいたい2歳から、日本語とフランス語の使い分けが始まるのですが、ムスコもこの間から、

プープーとオッチュー
しゃ、と、train
おっと(もっと)とアンコー(encore)
あっぽ(からっぽ)とヴィド(vide)

あたりの使い分けを始めました。

体の方は、身長87cm、体重12,1gと至って平均。庭のトランポリンで鍛えているので、ぴょんぴょん跳ぶのは得意。最近は階段の上り下りを一人で立ったままするようになりました。PMI(保健所)の保健婦さん曰く、これがトイレトレーニングを始められるサインなのだとか。ま、洗濯物の乾かない今の季節にやる気もないのですが。

夏休み明けから、やっと昼寝が一日一回になって、最近は12時ごろから1時間半ぐらい寝ることが多いかな。お姉ちゃんのいる週末やバカンス中は14時ぐらいまで粘って、疲れ果てて泣き寝入り。自分が寝ている間に、いいこと楽しいことがあるに違いないと思っている模様。お姉ちゃんへのライバル意識むき出しで、なんでもお姉ちゃんと同じがいいムスコ。
バレエの真似をして、短い脚でアラベスクしたり、ピンクのカチューシャを貸してもらってご満悦なのには笑えるけど、学校の勉強道具を漁るのには困った… 代わりのペンやノートを出しても、お姉ちゃんのカルターブル(フランス版ランドセル)の中身がいいと…(もちろん、そんな我儘はとおらないので、ひっくり返って号泣)

ムスメとムスコは6歳離れているので、今までケンカもあまりなかったのですが、ここ一月ほど、レゴを巡ってバトルが始まりました。かなり大量にあるので、別々に遊べばいいのに(それもDuploなのにムスメ@8歳、まだ遊ぶ?と思うのだけど)、同じもので遊びたがる、ムスコがムスメの作ったものを壊す、ムスメ怒る、ムスコ泣く、のパターン。
私も6歳離れた弟がいるのだけど、あまりケンカした記憶がないので、6歳離れたらケンカもしないんだと思ってたのですが、どうもそれは間の2歳下の弟がクッションになっていたからだったみたい。

動きが激しくて、最近あまり写真が撮れないのだけど、週末の家族をよんでの誕生会には撮れるかな?
それより、週末までに風邪を治さねば!

[PR]

by Lapinnoirdunord | 2014-11-13 07:10 | 子ども | Comments(6)  

ムスコ22ヶ月

日本時間では6日だけど、フランス時間ではまだ5日、ぎりぎりセーフということにしておこう。
今日で22ヶ月になったムスコ。

夏に日本に帰って、実家の母が洗濯物を干しに外に出た後、掃きだし窓から庭のプールに脱走なんてことをしていたもので、いたずらがパワーアップ、逃げ足もすっかり早くなったムスコ。
怒られたら姉ちゃんに八つ当たりで、叩く+かみつく、腹いせに物を投げると、困ったことになっています。投げるのも今までは本やおもちゃだったから被害も少なかったけど、昨日は台所の調味料が入っている抽出しを開けて、よりによってラム酒の瓶をタイルの床にゴン… ガラスが割れると分かってやったわけじゃないけど、被害は甚大。横にあった油のビンじゃなくてよかった、と掃除をしながら思いました。
今日はぶどうを入れたお椀を投げ、おやつのバナナを床に塗りたくり。写真とる暇もなく、ひたすら掃除の毎日です。

機嫌がいいときは、靴を持ってきて「くっく、にわ、いこう」なんてかわいいことも言うのですが。

夏休み、7月は日本、8月はフランス中央部の山に行っていて、あまりムスコの生活のリズムを守ってあげられず(とくに昼寝)、お姉ちゃんの学校が始まった今週からやっと、ちゃんと昼寝をさせてあげられるようになってやれやれ。

お姉ちゃんと比べるとゆっくりな言葉も(ムスメほど構ってあげられていないのと、やっぱり男の子だというのもあると思う)、夏でずいぶん増えて、30語ほどに。毎日2、3語増えているかな?
定着しているのは、
あっち、アポ(chapeauの場合と、空っぽの場合がある)、アカ(アボカド:好物)、ぶ(ぶどう)、にぎ(おにぎり)、パン、まめ、ロロー(仏語の水)、あちぃ、いたいいたい、いく、エタ(eteindre:仏語で電気などを消す、を電気やTVをつけるときと消すときの両方に流用)、オーヴォア(au revoir)、くっく、ミミ(耳、あるいは姉のこと)、ぶーぶー、にゃにゃ、わんわん、ピピ、カカ、など。ちなみに今日はカギとウウィ(仏語の開けるouvrir)を習得。

近所の公園の小さい子用の滑り台はひとりでのぼって滑れるように。階段もハイハイじゃなくて立ったまま上り下りしようとするので、危ない危ない。
度胸が座っているのか、痛覚が鈍いのか、検診ではしか、ふうしん、おたふくの予防注射を打たれても泣かず。小児科の先生には、えらく褒められた。

今日児童館に行って、ラム酒のことをちょっと愚痴ったら、そういう子は怒りをぶつける大きなクッションをあげるといい(まだサンドバッグは早いから)、と言われたので、やってみようかな??

この週末はリールのブラッドリー。2年前に日本から来た友達と、大きなお腹で見て回ったなぁ。
今年はムスメの学校があるのと、子どもたちが風邪気味なので、おうちでムール&フリットになりそう。


f0334311_05114032.jpg
f0334311_05111212.jpg




[PR]

by Lapinnoirdunord | 2014-09-06 05:16 | 子ども | Comments(2)  

夏休み最後の週末

日本に帰省したり、フランスの山に行ったりと、ほとんど家にいなかった夏休みもいよいよ終わり。
土曜日は久々にマルシェにいって、いつもの魚屋さんでスズキとししゃもの燻製をゲット。ムスメの誕生会のための、ロッククライミングの予約も済ませて、ムスメの学校の文房具に名前付け。

日曜は天気もよかったので、Lilleの歴史自然博物館でやっているクロマニョン人の展示を見にでかけました。博物館に着いたとき、たまたま受付の人が休憩に行っていたので、学芸員のお姉さんたちが、そのままどうぞ、とな。このユルさがとてもフランス。
展示自体は小規模だったけど、子どもが見るのにちょうどいい感じ。ムスメもマンモスの利用法にはまってました(写真2枚目のマンモス、フラップを開けると、用途が出てくる。ちなみに尻尾は蚊よけになるらしい。どうやって?)ムスコは常設展のライオンの剥製に大興奮!

あ、特別展で昆虫の展示もあって、タランチュラ(これは昆虫じゃないけど)や葉っぱみたいなナナフシとか、蘭みたいなカマキリといっしょにGKが何種類もいてびっくりというか、ドン引き… 脱走したらどうするんだろう?展示終わったらどうするの?考えるだけでオソロシイ!


f0334311_05374962.jpg

f0334311_05381252.jpg

こども連れも多かったけど、カップル(老若問わず)やものすごく小さな赤ちゃん連れ(つまり見るのは親)もいて、不思議というか、私なら子どもがいなかったら来ないかなぁ(あまり大人向けとは思えない展示内容だったので)、と。

天気がよかったから、博物館を出てからすぐ横の大きな公園でちょこっと遊んでから帰宅。ムスコが滑り台にすっ飛んでいくので、追いかけるのに疲れた!
街中は来週末のブラッドリー(フランス最大の蚤の市)の場所取りの紙があちこちの家の窓に貼ってあった(居住者は自分の家の前を優先的に予約できるし、そうじゃない人も市役所に申し込めば場所がもらえるハズ)。ベルギーから場所取りにきているキャンピングカーもちらほら。毎年雨が降るのだけど、予報は今年も雨。どうなるのかなぁ?ムスコ連れて参戦は厳しそう…
[PR]

by Lapinnoirdunord | 2014-09-01 05:42 | 子ども | Comments(0)  

児童館へ


うちから徒歩10分ほどのところにある、普通の民家を使った児童館。ムスメが小さな頃からお世話になっています。月木の午後と火金の午前中が開館時間で、子どもの定員が10人。お母さんだけじゃなくて、ヌヌが子どもを連れてくることもあるのが、フランスならではだなぁ、と思います。
f0334311_06352577.jpg
火金の朝は9:30でも満員御礼の札がドアにかかっていることもあるけれど、月木の午後は早い時間に行くと貸し切り状態のことも。
運営しているアソシエーションのおばちゃんたちが2人いて、世間話をしたり、子どものことを話したり。ムスメはここが大好きで、火金の朝にせっせと通いつめてたなぁ。はじめてフランス人のママ友ができたのもここだったっけ。

f0334311_06355353.jpg
こんなお城があって、反対側はすべり台になってます。下はトンネルになっていて、帰るのがイヤなチビさんがよく潜り込んで隠れてしまいます^ ^
f0334311_06350043.jpg
ミルクや牛乳の瓶のフタを集めただけで、立派なおもちゃ。パズルや粘土、絵の具も使わせてもらえます。でも一番の目玉は、一番上の写真で、窓側にある茶色の台。これ、なんと蓋を開けると砂場になっているのです!その場にいたお母さんやヌヌ全員がOKのときに開けてもらえます。雨が多くて、外の砂場で遊べるチャンスの少ない子どもたちは大喜び。
これで無料(寄付は募っているけど、強制ではないので)という本当にありがたい場所です。幼稚園が始まるまであと1年、せっせと通うつもりです。

Le petit train: 20 rue de l'ermitage, 59700 Marcq en Baroeul
開館時間:月木14:00-17:30、火金8:30-11:30
学校が休みの間は火曜の9:00-12:00と木曜の14:00-17:00開館
第2金曜日は休館



[PR]

by Lapinnoirdunord | 2014-06-24 03:58 | 子ども | Comments(0)  

ムスコ19ヶ月

このところ自己主張が随分はっきりしてきたムスコ。19ヶ月になりました。
気がついたら、小さな段差は転ばずに上り下りできるようになって、それが楽しいのかわざと坂や段差のあるところを行ったり来たりして遊ぶので、当然転ぶ。転んでぶつけた箇所を指差して、ピーヒャラと宇宙語で訴えるからオカシイ。
言葉も少し増えて、くっく、ブーブー、ニャーニャー、バァ(これがなぜかおっぱいちょうだい)。お気に入りの『てんてんてん』の絵本を見ながら、「ぐるぐるぐる、カタツムリ」を自分でブツブツ言いながら、ぐるぐるなぞる。『いないいないばあ』は完全に覚えていて、「いないいない」と「ばあ」を一緒にやる。
児童館に行くようになったら、突然車に興味を持ち出して、『ぶーぶー じどうしゃ』がブームに。消防車のページで大興奮。
洗濯物を干すのを手伝ってくれたり(っちゅうか、濡れたまま取り込んでくれる)、私のスリッパを脱がせたり履かせたり。自分の靴下もはきたいけど上手く履けずにキーっとなったり。
「お風呂」って言うと、いそいそお風呂場に行って、自分で服を脱ぎ始めるのがオカシイ。姉の真似をしてハミガキも一丁前にするように。
目下、お隣の猫の追っかけで、うちの庭に出る階段にいようものなら、すごい勢いで「にゃにゃ」と走って行って、掃き出し窓にへばりつき。猫も慣れたもので、ガラスをバンバンやっても、戸が閉まってる限り大丈夫と余裕でチラ見。なめられてるな〜

身長は80cm以上はあるかな、体重は11kg。髪が伸びて、うなじに汗疹が出てきたので、切ってあげた方がいいんだけど、くるんとしている毛がかわいくて切れず。
靴がきつそうで買いに行ったら、21から一気に23にサイズアップ。
犬歯は下2本が出てきて、上が出てくる最中。

土曜日に外出先で60cmの高さからダイブして、救急に駆け込むハメになったので、今日はオステオパシーの先生のところへ。首とアゴが少しずれた状態だったので調整してもらう。
昼寝はまだ午前と午後の2回だけど、一回が短くなってきてるので、できれば長く1回寝てくれると母は嬉しいのだけどねぇ…

ご飯も階段も一人でやりたくて、手を出すとぎゃ〜っと怒ることも。悪さをして怒ると、ムッとした顔で別の悪さをしに走る。冷凍庫を開けて怒られたら、オーブンのメモリをいじるとか、テレビで遊んで怒られたら、手近の本をわざと踏みに行く、とか。小さな頭で瞬時に近くにあるものでできる悪さを探しているからビックリ!
姉はこんなことはしなかったから、もしかして性格悪い?と心配したら、友達が「うちも言葉が出ないうちはよくあったよ〜」と言ってくれたので、それを信じよう… たしかに1人目はたっぷりかまってあげられるけど、下の子はそうもいかないもんね。

元気に大きくなってくれることに感謝しないとね。
f0334311_06210781.jpg

[PR]

by Lapinnoirdunord | 2014-06-06 06:22 | 子ども | Comments(6)