三月は去る

一月は行く、二月は逃げる、三月は去る、と昔祖母がよく言っていたけど、今年の2、3月はまさにそんな感じでした。

まず2月は後半2週間がスキー休み、私の仕事(日本語の授業)があると思って、今年はスキーを諦めたのに、結局なくて(週1回の日本語の授業、3回やって1ヶ月休みで、また2回っていうペースじゃ学生は何も覚えない~)、ちょっと肩透かし。子どもたちの友達をよんだり、私も友達と会ったり、のんびり過ごしました。
で、明日から学校&幼稚園という最終日の日曜日、お風呂にムスコを入れようとしたら、背中とお腹に発疹を発見!背中のほうが水を持っていたので、水疱瘡決定~ToT ムスコとバカンス3週めを過ごしました。
ムスコの水疱瘡が治って、やれやれと思ったら、今度はムスメが原因不明の腹痛… 月曜から水曜まで這うようにして学校に通っていたので、木曜にお医者さんに行ったところ、盲腸の可能性があるから、と血液検査。
結局盲腸ではなく、ちゃんと食べないから胃が痛くなったんじゃないか、との診断。

ストレスも疲れも食べて回復する私と違って、ムスメは何も食べられなくなるので、納得。
身長147cmで体重31kgはちょっと痩せすぎ(病的ではないけど)、体力がないわけだ。
ムスメの盲腸疑惑が晴れたら、同じく木曜の夕方に今度はムスコが咽頭炎の発作。こちらはステロイドのシロップで対応したけど、週末からひどい咳と喘鳴があったので月曜に再度ホームドクターのところへ。幸い、ただの風邪とのこと。

ムスコの夜泣きで、眠りの浅いオットは寝不足、比較的快眠体質の私もさすがに疲れて口内炎ができた。

と思ったら、細々と続けているグリム童話研究の論文の初刷の校正の締切りが迫ってくるは、子どもたちの日本語学習グループの発表会の準備があったりと、自転車操業は日曜まで続きマス。

そんな毎日だけど、満開の庭の桜を見るとほっとします。
桜が咲き始めて散る10日ほどの間、本当に幸せ。
桜餅を作る余裕があれば、もっといいのだけど…

[PR]

by Lapinnoirdunord | 2017-03-23 06:13 | Comments(0)  

Londres2泊3日 >>