ホメオパシー

f0334311_19001583.jpg
私のアレルギー体質が遺伝してしまった子どもたち、ムスメは花粉症、ムスコはアトピーが出ています。二人ともアレルギー専門医にもかかったのですが、アレルゲンの特定はできたものの(ムスメは花粉、ムスコは乳製品と卵の遅発型アレルギー)、治療法として提示されるのはステロイドと抗ヒスタミン薬での対処療法。
でも、ムスメは抗ヒスタミンでフラフラになってしまったし、息子のアトピーもステロイドであまり抑えると喘息の方に出ないかと。乳製品と卵を食べなければステロイドを塗るほど酷いアトピーも出ないのです。アレルギー医はステロイドを使っても、乳製品と卵を食べさせたほうがいいと言うけれど、小児科のほうは、もう少し大きくなるまで待ったほうがいいと言うし、私自身もどちらかというと待ちたいかな、と。
で勧められたのが日本の漢方に近いホメオパシー。処方箋なしで薬局で買えるのでムスメの鼻風邪に昔から使っていたし、ムスコが2ヶ月ぐらいからひどいコリックで苦しんでいたときに助産婦さんから勧められてcolosynthusというレメディーを飲ませていたし、とにかくステロイドと抗ヒスタミンよりはいいか、と。
マジックハンドの整体の先生から教えてもらったホメオパスにムスコが通い始めてかれこれ一年以上、この秋には来春の花粉症に備えて私と娘もホメオパシーデビューしました。
気質と体質が似ているのでしょう、出されたレメディーはほぼ同じ。今の時期は体質改善のために、apis(ハチ)とpoumon histaminic(ヒスタミン)を朝晩なめています。ムスコはアトピーが喘息に移行しないための予防措置なので、もう少しややこしいですが、とにかく甘いので朝晩催促に来ます^ ^
効果のほどは来春に期待…

[PR]

by Lapinnoirdunord | 2014-10-21 19:20 | アレルギー | Comments(2)  

Commented by exmouthcoco at 2014-10-23 20:49
ホメオパシー、私もたまに使ってます。と言っても、人に勧められたモノだけで、知識は全然ないんですけど…。
母乳をあげてた時は、お乳がよく出るモノとか、
べべ連れで帰国の時は、眠りをコントロールさせるものとか…。
奥が深いですよね。
効果がでるといいですね〜。
Commented by Lapinnoirdunord at 2014-10-24 04:45
Cocoさん、私もムスコが生まれるまでは、薬局で相談したり、詳しい友人に教えて貰ったりして使っていたのですが、根本的な体質改善となるとやはり専門家じゃないと無理かなと今回診察してもらいました。私が花粉症の減感作療法の後、柑橘類とぶどう以外の果物生で食べられなくなってしまったので、ムスメに同じ道をたどってほしくなくて…
診察では短気か、とか、完璧主義か、とか自分の性格をどう思うかなんてことも聞かれて、おもしろかったです。
ホメオパシーって日本では一時期すごく批判されたけど、現代医療と上手に混ぜていいとこ取りをできればいいなぁ、と思ってます。

<< ガビスコン 今年最後の外ご飯 >>